最新情報

冬のみどころ 2018年1月21日 11:29

甘い香りに誘われて

 新宿門をお入りになると、辺りに甘い香りが漂っています。クンクンと香りに誘われて進んでいくと、香りの正体は、西休憩所に向かう園路沿いに植栽されているソシンロウバイです。
1.JPG
冬のみどころ 2018年1月20日 11:00

今日のウメの咲き具合は?

 本日20日からは二十四節気のひとつ「大寒」。一年でもっとも寒い頃といわれるとおり、来週はまた厳しい冷え込みになるとの予報が出ています。寒いのは苦手という方もたくさんいらっしゃると思いますが、大寒を過ぎれば春はもう目前。冬の寒さがあるからこそ、春をむかえる喜びもひとしおではないでしょうか。
180120a.JPG
 凛とした冬の空気に包まれる園内で、ごく数本ほどではありますが、ぽつぽつとウメの花が咲きはじめました。ウメが別名、春告草とも呼ばれているのはご存知でしょうか。その名前の通り、まもなく訪れる立春(2月4日)に向け、ゆっくりとつぼみがほころびはじめています。
 天候等にもよりますが、順調に咲きすすめば、2月下旬ごろからみごろをむかえそうです。
(写真:散策路の白梅)
 
冬のみどころ 2018年1月19日 11:52

季節のみどころ情報【1月19日号】

ロウバイ類などがおすすめです!
00.jpg
(ソシンロウバイ)
01.JPG
(ロウバイ)
 
 ロウバイ類が、サービスセンターや新宿門近くでみごろとなっています。ソシンロウバイは新宿門近くでご覧いただけます。ランプを思わせるような、コロンと丸い花が枝いっぱいに咲いています。木に近づくと甘い香りが立ち込めています。サービスセンター近くでは、ロウバイとソシンロウバイが隣同士で植栽されていますので、花の違いを見比べてみてはいかがでしょうか?  
その他、スイセン‘ペーパーホワイト’、ニホンズイセン、ジャノメエリカもみごろです。
開催予定のイベント 2018年1月19日 10:07

イベント・利用案内情報【1月19日号】

■ガイドウォーク・旧洋館御休所公開■
001.JPG
 新宿御苑パークボランティアが、新宿御苑の歴史や四季のみどころをはじめ、植物の名前の由来や新宿御苑の庭園の魅力などをご案内します。
【次回開催日】平成30年1月27日(土)
 
冬のみどころ 2018年1月18日 14:12

モフモフなハクモクレンの冬芽

 今日は朝からあたたかく春のような陽気で過ごしやすい一日となりました。昨日の雨で潤った園内、新宿門近くや日本庭園・お茶室楽羽亭前ではハクモクレンの冬芽があたたかそうです。

180118_1.JPG
(写真:新宿門近く)
180118_5.JPG
(写真:日本庭園・お茶室楽羽亭前)
冬のみどころ 2018年1月17日 11:00

次世代の命を紡ぐユリノキの"冬の花"

 先日お客さまから「ユリノキの花は咲いていますか?」とお問い合わせをいただきました。
 春の花夏の緑秋の黄葉と、四季折々に変化する装いが楽しめますが、「冬にも花は咲くのだったかしら?」とユリノキを訪ねてみることにしました。
180117a.JPG
 冬枯れしたミルクティー色の芝生に、葉を落とした巨樹が堂々とたたずむイギリス風景式庭園。その広い芝生の中央で、ゆったりと枝を伸ばしているのが、新宿御苑のシンボルツリーとして親しまれるユリノキです。
180117b.JPG
 巨樹を見上げると、すぐにユリノキの“冬の花”が見つかりました。近くで見ると、ますますお花にそっくりですね。これはいったいなんだと思いますか?
 
庭園を守る取り組み 2018年1月16日 12:17

腐葉土づくりをしています

2.JPG
 青空に落葉樹の冬木立がくっきりと映えて、凛としたたたずまいを見せる園内。新宿御苑では、毎年この時期に植物栽培用の腐葉土作りを行います。
1.JPG
 明日1月15日は「いちごの日」。これは「いい(1)いち(1)ご(5)」の語呂合わせから、全国いちご消費拡大協議会により制定された記念日です。
 12月から5月はとくにイチゴが多く出回る旬の時期なので、店先などでも目にする機会が多いのではないでしょうか。
 イチゴは生で食べるのが定番ですが、ソースやジャム、ジュースの材料や、アイスクリームやケーキ、チョコレート、いちご大福、フルーツあんみつなど、和洋さまざまにスイーツに用いられることも多いですね。
180114a.JPG
(写真:「内藤とうがらしとイチゴのソース添えアイスクリーム」甘さとスパイスのハーモニー♪レストランゆりのき、カフェはなのきでご提供しています)
 
 子どもから大人まで幅広い世代に愛されるイチゴですが、じつは新宿御苑とも深いつながりがあるのは知っていますか?
 明治時代の新宿御苑は宮中の御料農場で、野菜や果樹、花卉の栽培研究を進め、民間への普及にも力を入れました。明治31年(1898)には、現在のイチゴのルーツとなる「福羽苺」を作出し、その後、高級品種として全国でも栽培されるようになりました。
 
 今日はそんな新宿御苑とイチゴの歴史にまつわるエピソードをご紹介いたします。
 
冬のみどころ 2018年1月13日 15:00

ピンク鮮やか♪マユミの実

 今日はグンと冷え込み、歩いていると頬が痛くなるほどの寒さになりました。お客様は帽子、マフラー、手袋等で、しっかりと防寒されて散策を楽しまれています。
1 (2).JPG
 新宿門から大木戸門に向かう園路で、「あれは、なんの花ですか?」とお客様からご質問いただきました。高い木なので気が付かずに通り過ぎてしまいそうですが、見上げると青空にピンク色がとてもきれいです。花が咲いているように見えますが、実はこれはマユミの実です。
 2017新宿御苑フォトコンテストは平成30年1月12日(金)(当日消印有効)をもちまして作品の募集を締め切りました。
 たくさんのご応募ありがとうございました。
 
《審査発表》
2月下旬頃(入賞者あてに直接通知)
※入賞者以外の方へは通知いたしません。
 
《入賞作品展》
会期:平成30年3月13日(火)~4月30日(月祝)※予定
会場:新宿御苑インフォメーションセンター1階アートギャラリー(入館無料)
2017photo.jpg

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31