2013/12/08

隠れているのは・・・

 日に日に寒さが増してきました。苑内の紅葉もピークを過ぎ、あちらこちらで落ち葉の絨毯が広がっています。

Q.さて、下の写真の中にある生きものが隠れています。どこに何がいるか、わかりますか?

Photo

 もう少し接近するとわかるでしょうか?
正解はテングチョウです。
 天狗の鼻のような長い口ひげを左側に向けてとまっていますね。裏翅の翅脈(翅にある固い筋)がまるで葉脈のようで、見れば見るほど枯葉にそっくりです。見事な「擬態ぶり」に感心させられてしまいました。これなら、そう簡単に外敵に見つかることはなさそうです。

Photo_2

 この季節、人も昆虫もおひさまが恋しくなるのでしょう。おもむろに向きを変えると日光浴を始めました。開いた表翅も、これまた落ち葉を集めたような保護色をしています。テングチョウの翅の色はこの時季の風景に最も溶け込み、身を潜めるのに好都合なのかもしれません。

Photo_3

 テングチョウは成虫で越冬します。無事春を迎えた成虫はエノキの新芽に産卵、5月には新成虫が誕生します。12月初旬の、ほの暖かな日差しの中。日向ぼっこを楽しむ姿はこれから訪れる厳しい冬の寒さに備え英気を養っているように見えました。

思わず「がんばれ!」と声を掛けたくなった、そんなひとときでした。

2012/12/13

初冬の観察

Photo

 今朝の閑院宮邸跡庭にイカルの大群が飛来していました。その数は200300羽は居たでしょうか。エノキの枝にとまって下を眺めている群れと、草地に落下した実を大きな音をたててついばんでいる群れが錯綜するように飛び交っています。初冬の御苑絵巻物です。毎朝は観賞することはできませんが、草地に実が残っている間は、たびたび飛来するでしょう。

Photo_2

 ハクモクレンの冬芽は、短く泡立つような柔らかい毛でおおわれています。あたかも、ミンクのコートを着ているようです。寒い冬を乗りきる樹木の知恵を観察して下さい。花芽をかぞえると相当な数になります。今年は花数が少なく、寂しい思いをされた来苑者が多かったようですが、来春の開花時は見事な空間が演じられる事でしょう。冬芽を観察しながら冬と春を感じて下さい。

     【お知らせ】

  12月の京都御苑みどころ案内

*日時 12月15日(土)

    午後1時30分~午後2時30分

*集合場所 閑院宮邸跡収納展示室

*参加費無料

   京都御苑の歴史と自然を

  ご案内します。