城郭美(門、櫓、石垣)

○築地塀(つきじべい)が残る北桔橋門(きたはねばしもん)(外周、東御苑)
北桔橋門の両袖には、白い築地塀が残されていて、天守閣の背後の守りの重要性を感じます。 この辺りの石垣は、江戸城の城壁の中でも、最も高く(18.5m内外)堅牢に野面積み(のづづみ)という工法が用いられています。また、強度が落ちないように「ひずみ」という工法もとられています。さたに、角の稜線部は算木積工法がとられています。
  • 北桔橋門周辺の石垣の工法
  • 皇居周辺の石垣
  • 皇居の裏側の土塁式石垣

  • ⇒ 江戸城本丸の番人たち

    MENU